【高校野球】履正社、5回を終えて2点リード 井上が奥川から逆転3ラン

【高校野球】履正社、5回を終えて2点リード 井上が奥川から逆転3ラン

星稜・奥川恭伸【写真:沢井史】

履正社が優勝ならば大阪勢の2連覇に

 第101回全国高校野球選手権大会は22日、甲子園球場で決勝戦が行われ、5回を終えて履正社(大阪)が星稜(石川)を3-1でリードしている。

 先制したのは星稜だった。2回、先頭の内山が左前安打で出塁すると、大高が送りバントを決めて二塁へ走者を進めた。2死二塁のチャンスで岡田が右翼への適時二塁打を放って、先制に成功した。

 1点を先制された履正社はその直後の3回、2死から池田、小深田が連続四球を選ぶと、井上が星稜のエース奥川が投じた初球のスライダーを捉えた。快音を残した打球は高々と舞い上がり、バックスクリーン左へと飛び込む3ランとなった。

 井上はこの夏3本目の本塁打。星稜のエース奥川は今大会、初めて自責点がついた。その後は両チーム得点を奪えず、5回を終えて履正社が2点をリードしている。星稜、履正社のどちらが優勝しても初。星稜ならば北陸勢初優勝、履正社ならば大阪勢2連覇となる。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)