【高校野球】星稜、7回に山瀬&知田の適時打で同点! 奥川は追加点許さず7回まで3失点の熱投

【高校野球】星稜、7回に山瀬&知田の適時打で同点! 奥川は追加点許さず7回まで3失点の熱投

星稜・奥川恭伸【写真:沢井史】

奥川は井上に逆転3ランを浴びるも、その後は無失点

 第101回全国高校野球選手権大会は22日、甲子園球場で決勝戦が行われ、星稜(石川)と履正社(大阪)がともに初優勝をかけて激突。星稜は2点を追う7回に山瀬、知田のタイムリーで同点に追いついた。

 2回に岡田の適時二塁打で先制した星稜。しかし、直後の3回に奥川が2四球でピンチを招くと、主砲の井上には初球の高めへのスライダーをバックスクリーン左に運ばれ、逆転3ランを浴びた。奥川はこれが今大会初自責点となった。

 その後は走者を出しながらも履正社・清水から得点を奪えなかった星稜だが、7回に反撃。先頭・岡田が四球で出塁すると、二盗も決める。1死二塁となってから、山瀬が適時二塁打。さらに、2死から有松が四球を選んでつなぐと、知田はライト前に運ぶタイムリー。山瀬が生還し、試合を振り出しに戻した。

 履正社はここで清水から岩崎にスイッチ。内山は四球を選んで2死満塁としたが、大高は二飛に倒れ、勝ち越しはならなかった。井上に3ランを浴びた奥川は7回7安打3失点5奪三振2四球と力投を続けている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)