日ハム石井一、右手人差し指骨折で全治1か月 西武戦の守備で負傷し登録抹消

日ハム石井一、右手人差し指骨折で全治1か月 西武戦の守備で負傷し登録抹消

日本ハム・石井一成【写真:石川加奈子】

23日から鎌ケ谷でリハビリへ

 日本ハムは22日、石井一成内野手手が21日に東京都内の病院で精密検査を受け、右手示指(人差し指)の末節骨骨折と診断されたと発表した。全治1か月の見通し。

 石井一は21日の西武戦(メットライフドーム)の7回の守備中に打球を受けて、右手示指を痛めた。23日から千葉県鎌ケ谷市の球団施設でリハビリを行う予定となっている。

 石井一は今季67試合出場で打率.215、4本塁打、20打点の成績だった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)