日ハム、バーベイトは右前腕屈筋群肉離れと診断 2週間はノースロー

日ハム、バーベイトは右前腕屈筋群肉離れと診断 2週間はノースロー

日本ハムのジョニー・バーベイト【写真:石川加奈子】

21日の西武戦で登板中に違和感を訴える

 日本ハムは22日、ジョニー・バーベイト投手が東京都内の病院で精密検査を受け、右前腕屈筋群肉離れ(2度)と診断されたと発表した。

 バーベイトは21日の西武戦(メットライフD)の7回の登板中に同所に違和感を訴えた。23日からは鎌ヶ谷の球団施設でリハビリを行う予定で、今後は2週間ノースローで経過観察するとしている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)