履正社VをOBのオリ岸田&T-岡田も祝福「感慨深い」「快挙を達成してくれた」

履正社VをOBのオリ岸田&T-岡田も祝福「感慨深い」「快挙を達成してくれた」

オリックス・T-岡田【写真:荒川祐史】

岸田が高1年のときに履正社が甲子園初出場「まさか甲子園で優勝して全国1位になるとは」

 第101回全国高校野球選手権大会の決勝戦が22日、甲子園球場で行われ、履正社(大阪)が星稜(石川)を5-3で破り、初優勝を果たした。オリックスでプレーするOBの岸田護投手、T-岡田外野手も喜びのコメントを寄せている。

岸田
「当時、僕が1年生の時に初めて甲子園に出場したころから考えると、まさか甲子園で優勝して全国1位になるとは思っていなかったので、感慨深いものがありますし、本当にうれしいですね。今や野球の名門高校だと思いますし、岡田先生の指導力が日本一だったんだということを後輩たちが証明してくれたんだと思います。大阪大会の時に『頑張ってください』と連絡して以来、岡田先生に連絡できていないので、落ち着いたころに連絡したいと思います」

T-岡田
「初優勝おめでとうございます。令和になって初めてという歴史的な大会で母校が初優勝という快挙を達成してくれて、本当に嬉しく思います。僕らの時はなんとか甲子園に出ることが目標でしたが、今では全国区になっていますし、甲子園で優勝することが目標に変わってきているなということを感じます。高校の監督とはたまに連絡を取っていましたが、甲子園に来てからは連絡できていなかったので、まずはラインで『優勝おめでとうございます』と連絡しました」(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)