広島山口、2回3失点KO 2回に村上にソロ被弾&3連続四球から2点適時打浴びる

広島山口、2回3失点KO 2回に村上にソロ被弾&3連続四球から2点適時打浴びる

広島・山口翔【写真:荒川祐史】

「(1軍に)上がったからには結果を」と意気込んでマウンドに上がるも制球難で自滅

■広島 – ヤクルト(22日・マツダスタジアム)

 広島の山口翔投手が22日、本拠地でのヤクルト戦に先発し2回3安打4死球3失点で降板となった。

 山口は初回に1死一、二塁のピンチを背負ったがバレンティン、雄平を連続三振に仕留め無失点。だが、2回は先頭の村上に先制ソロを浴びると2死走者なしから3連続四球で満塁。ここで山田哲に左前へ2点タイムリーを浴びこの回一挙3失点で降板となった。

 登板前日には「(1軍に)上がったからには結果を。一人、一人1球1球を大事にやっていきたい」と気合十分だったが、結果を残すことはできなった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)