ホークス工藤監督、柳田の復活弾を喜ぶ「打った瞬間に入ると。すごいな」

ホークス工藤監督、柳田の復活弾を喜ぶ「打った瞬間に入ると。すごいな」

ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】

逆転打の内川は「乗りに乗ってる感じですね」、和田も6回1失点の好投

■ソフトバンク 5-1 オリックス(22日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクは22日、本拠地オリックス戦に5-1で勝利。柳田悠岐に復帰2戦目で本塁打が飛び出し、工藤公康監督は「すごいなと思います」と喜んだ。

 1点ビハインドの5回に連続四球で2死一、二塁の好機を作ったソフトバンク。ここで内川聖一がセンター左への逆転2点タイムリー。続くグラシアルも三塁線を破るタイムリーを放って殊勲の内川をホームに迎え入れた。7回には柳田が復帰後初となる5号ソロをレフトスタンドに叩き込み、8回にも牧原大成のタイムリーで理想的なダメ押し点を奪った。

 工藤公康監督は内川の逆転打について「あそこの場面でよく打ってくれました。守備といいバッティングといい、乗りに乗ってる感じですね。ここにきて疲れもあると思いますが、試合でハッスルしてくれている」と称賛。柳田の復帰初の本塁打には「こっち(一塁側ベンチ)から見ても打った瞬間に入ると思いました。すごいなと思います。その前の打席は、四球をしっかり取って次に繋いで、内川くんのタイムリーが出た。2死からでも繋いで点が取れたのは大きいですね」と喜んだ。

 先発の和田毅は初回に先頭の三塁打から1点を失ったが、2回以降は立ち直って6回1失点。工藤監督は「さすがです。1回も悪くはなかったし、あそこで最少失点に抑えてくれましたし、3回からは3人ずつでね。あれでチームのリズムが良くなって逆転につながったと思います」とベテラン左腕の好投を称えた。6回で降板させたことについては「球数もいってなかったので少し悩みました。足のこともあるし、余力はあったと思いますが次に向けてと考えて代えました」と話した。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

関連記事(外部サイト)