元DeNA久保康友、サルサ挑戦で現役続行に意欲! 「技術が大事になるのは野球と同じ」

元DeNA久保康友、サルサ挑戦で現役続行に意欲! 「技術が大事になるのは野球と同じ」

ラテンダンスのサルサに挑戦する久保康友【写真:福岡吉央】

3月から継続的にレッスンを受講「骨盤や肩甲骨、体の芯の動きは野球にもつながる」

 メキシカンリーグのブラボス・デ・レオンでプレーする元DeNAの久保康友投手が、ラテンダンスのサルサに挑戦している。「ラテンアメリカならサルサ」と、思いつきで始めたところ虜になり、3月から継続的にレッスンを受講。スキルも次第にアップしてきた。サルサと野球には共通点があり、体の使い方をよりスムーズにすれば、現役生活を長く続けることができることにも気付いたという。

「せっかく海外にいるんだから、空いている時間に何かに挑戦したかった。単純ですけど、ラテンアメリカならサルサかなと思ったんです。体のコアの部分を使うし、技術へのアプローチの仕方はどんな運動でも一緒。骨盤や肩甲骨、体の芯の動きは野球にもつながりますしね」

 メキシコでは球場でも練習中や試合中にサルサが流れていることが多く、今の久保にとってはサルサは身近な環境。チーム内にもステップを刻んで踊れる選手が多く、クラブハウスでも常にサルサなどのラテン音楽が流れていることから、迷うことなく未知の世界への扉を開けた。

「頭から入るか、動きを体に覚えさせるか。やろうとする動きを頭の中で整理して、無意識化してできるようにしていく過程は投球のフォームと同じ。現役中なら自分の体で試すことができるし、自分の体で実験を繰り返すことは大事。日本人は体のコアの部分を動かすのは苦手ですが、それが体本来の動きですし、サルサの動きができるようになれば、体の中心からもっと力を出せるようになる。体を根っこから使えるようになれば、小さい体でも、体をしならせて、より大きく使うことができるようになる」

 サルサは男性が女性をリードするダンス。男性はステップを覚え、その上で手を使って女性を動かすリードを覚えなければならず、女性よりも最初のハードルは高い。音楽に合わせ、足を無意識に動かすことができなければ女性をリードできないため、初めは戸惑いもあったが、徐々に技も増え、レッスンも楽しんでいる。

女性を動かすリードを覚えるため…「より技術が大事になるのは野球と同じ」

「サルサは、力で女性を動かそうとしても不細工になるし、力でごまかすことはよくない。力ごなしにやるのではなく、柔らかい動きでいかにリードの合図を伝えるか。より技術が大事になるのは野球と同じですね」

 サルサは男女が手をつなぎ、向かい合って踊るため、胸を張って背筋を伸ばした状態で踊ったほうがリードの合図も相手に伝わりやすい。久保は「まっすぐに立てるようになれば姿勢がよくなるし、姿勢がよくなれば(投球)フォームもよくなる。パワー、スピードにもつながる。一石二鳥だし、腰痛防止にもなり、長生きにもつながりますよね」と、その利点を語る。

 久保は体の構造への理解度が高く、毎日入念なストレッチを欠かさないなど、体のケアには人一倍気を使っており、ケガも少ない。8月6日に39歳になったが、ウインターリーグも含め、中南米や欧州など、今後も海外で現役生活を続けていくことを望んでおり、選手寿命を伸ばしていくためにも、サルサは格好のトレーニングメニューにもなる。

「ドミニカでもやりたいし、コロンビア、パナマにも興味がある。今は治安が悪くて行けないけど、いつかはベネズエラにも行きたい。欧州ならイタリアやオランダもある」

 世界地図を広げ、今後の野球人生について夢を膨らます久保。サルサで元気な体を維持し、夢へのピースを1つ1つ埋めていく。(福岡吉央 / Yoshiteru Fukuoka)

関連記事(外部サイト)