【MLB】大谷翔平、1点追う7回好機で空振り三振 黒の「SHOWTIME」ユニで4打席凡退

【MLB】大谷翔平、1点追う7回好機で空振り三振 黒の「SHOWTIME」ユニで4打席凡退

特別仕様のユニホームを着用し試合に臨むエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

「3番・DH」で2試合ぶりにスタメン出場、200勝右腕グリンキーとは3打数無安打

■アストロズ – エンゼルス(日本時間24日・ヒューストン)

 エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、敵地アストロズ戦に「3番・DH」で2試合ぶりにスタメン出場。通算200勝右腕のザック・グリンキー投手に3打席目まで無安打に抑えられると、1点を追う7回2死一、三塁の好機では2番手ハリスの前に空振り三振に倒れた。

 大谷は初回、2死走者なしでグリンキーのカーブを打ち中飛。2点リードの3回1死一塁ではチェンジアップを打ってニゴロ併殺打に倒れた。逆転されて迎えた6回先頭では、初球の90マイル(約145キロ)の直球を打ち、二遊間へのゴロに。しかし、二塁手アルトゥーベがこれを弾き、失策で出塁。大谷は三塁まで進み、アップトンの併殺崩れの三ゴロで1点差に迫るホームを踏んだ。

 そして、1点を追う7回は2死一、三塁の好機で打席へ。アストロズはここでグリンキーを代え、ハリスを投入。大谷は1ボール2ストライクから高めへの92マイル(約148キロ)のカットボールに空振り三振に倒れた。

 この日の試合は「プレーヤーズ・ウィークエンド」として行われ、エンゼルスの選手はニックネーム入りの黒のユニホームを着用。大谷は2年連続で「SHOWTIME」で登場したが、4打席目まで凡退している。

 大谷はこの試合の前まで8月は19試合出場で打率.358、1本塁打、11打点と好調。今季通算成績は、90試合出場で、打率.306、16本塁打、54打点、OPS(出塁率+長打率).892となっている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)