【U-18W杯】大船渡・佐々木、初対外試合は“抑え”で1回無失点 「7〜8割の力で」最速153キロ

【U-18W杯】大船渡・佐々木、初対外試合は“抑え”で1回無失点 「7〜8割の力で」最速153キロ

侍ジャパンU-18合宿に参加している大船渡・佐々木朗希【写真:荒川祐史】

9回に4番手で登板し1回無安打1奪三振1四球「四球があったので改善していきたい」

 30日から韓国・機張(きじゃん)で行われる「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」に参加する高校日本代表は24日、都内のグラウンドで駒大を相手に初の対外試合をダブルヘッダーで行った。1試合目は5-0で勝利。2試合目は3-4で惜敗したが、死球を受けた浅田将汰投手(3年)以外、全投手がマウンドに上がった。

 1試合目は、興南・宮城大弥投手(3年)、創志学園・西純矢(3年)、近江・林優樹(3年)、9回は大船渡の163キロ右腕・佐々木朗希投手(3年)と4投手が無失点リレー。佐々木は9回から登板し、1人目を空振り三振に仕留めると、2人は二飛。3人目には四球を与えたものの、4人目は遊ゴロで無失点。試合を締めた。

 試合後には「ゼロで抑えたのは良かったけど四球があったので改善していきたい。打者の反応を見ながら、実戦でしか得られないものを意識しました」と投球を振り返った佐々木。最速153キロをマークしたが、「今日は60点くらいです。7〜8割の力で投げました」と明かした。

 また、“抑え”での起用については「リリーフは慣れていないので難しい部分はありますが、なんとか対応できました。リリーフはあまりやったことはないので不安はありますが、ここまできたらやるしかない」と話した。日本はU-18W杯での優勝は過去になく、初の世界一を目指す。

 侍ジャパンのスタメンは以下の通り。

【1試合目】
1(中)森敬斗(桐蔭学園)
2(二)坂下翔馬(智弁学園)
3(一)韮澤雄也(花咲徳栄)
4(三)石川昂弥(東邦)
5(左)浅田将汰(有明)
6(遊)遠藤成(東海大相模)
7(投)宮城大弥(興南)
8(捕)水上桂(明石商)
9(右)鵜沼魁斗(東海大相模)

【2試合目】
1(三)熊田任洋(東邦)
2(二)武岡龍世(八戸学院光星)
3(遊)森敬斗(桐蔭学園)
4(一)石川昂弥(東邦)
5(投)遠藤成(東海大相模)
6(左)西純矢(創志学園)
7(中)宮城大弥(興南)
8(捕)水上桂(明石商)
9(右)横山陽樹(作新学院)(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)