西武森、高橋光を援護する特大17号ソロ「どうしても追加点が欲しい場面だった」

西武森、高橋光を援護する特大17号ソロ「どうしても追加点が欲しい場面だった」

西武・森友哉【写真:荒川祐史】

5回に辛島から中越え17号ソロ

■西武 – 楽天(24日・メットライフ)

 西武の森友哉捕手が24日の楽天戦(メットライフ)で5回に楽天3番手・辛島からバックスクリーン横に飛び込む特大17号ソロを放ち、1点を追加した。

 西武は3回に島内の右翼線への適時打で1点を先制されたが、その裏に森の遊撃への適時内野安打ですぐに同点に追いつくと、栗山の右安で勝ち越しに成功していた。1点リードの5回、先頭で打席に入った森は辛島の直球を振り抜くと、これがバックスクリーン左横に飛び込む17号ソロとなった。森は「打った瞬間は、ホームランになるとは思いませんでした」と驚きながらも、「どうしても追加点がほしい場面だったので打ててよかったです。光成のためにもいい追加点になったと思います」とうなずいた。

 この日西武先発の高橋光は毎回走者を出しながらも2回、4回、5回はそれぞれ併殺で切り抜け、リードを保っている。(安藤かなみ / Kanami Ando)

関連記事(外部サイト)