西武サヨナラ勝ちでホークスに3.5差! ハム有原リーグトップ13勝目…24日のパ・リーグは?

西武サヨナラ勝ちでホークスに3.5差! ハム有原リーグトップ13勝目…24日のパ・リーグは?

西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】

ロッテ中村稔がプロ初勝利、オリックスは最下位脱出ならず

 パ・リーグは24日、各地で3試合が行われた。西武、ロッテ、日本ハムが勝利した。順位の変動はなかった。

 西武はメットライフドームで行われた楽天戦で延長10回6-5で今季6度目のサヨナラ勝ち。2カード連続の勝ち越しを決め、首位・ソフトバンクに3.5ゲーム差に迫った。1点を追う3回に森の適時内野安打で同点に追いつくと、栗山の適時打で勝ち越し。5回に森の17号ソロ、6回に秋山の3戦連発となる18号ソロでリードを広げた。8回に同点に追いつかれたが、延長10回に中村の適時二塁打でサヨナラ勝ちした。楽天は3点を追う8回に渡邊佳のプロ1号3ランで同点に追いついたが、延長10回から救援した松井が崩れた。3カードぶりの負け越し。勝率5割となった。

 ロッテはZOZOマリンで行われたソフトバンク戦で9-5で快勝。2連勝で3カードぶりの勝ち越しを決めた。1点を追う初回、荻野の10号ソロ、レアードの2点打などで一挙4得点。2回にはマーティンの中犠飛、清田の2打点、レアードの2打席連続2点打で5点を奪った。2番手の中村稔がプロ初勝利。ソフトバンクは5カードぶりの負け越しが決まった。先発ミランダが1回1/3で4安打7失点と乱調。4敗目を喫した。打線はロッテを上回る16安打も反撃は届かなかった。

 日本ハムは京セラドームで行われたオリックス戦で7-1で勝利した。先発の有原が7回9奪三振2安打1失点と好投。ハーラートップの13勝目を挙げ、プロ通算50勝目をマークした。打線は1点を追う4回に横尾の3号2ランで逆転。9回に大田の17号2ラン、代打・田中賢の適時打などで5点を奪ってダメ押した。勝てば最下位脱出だったオリックスは2回にモヤの8号ソロで先制したものの、打線がつながらなかった。先発のアルバースは5回5安打2失点で3敗目。

→1 ソフトバンク 118試合64勝50敗4分 -
→2 西武 116試合61勝54敗1分 3.5
→3 楽天 116試合56勝56敗4分 3.5
→4 ロッテ 117試合56勝58敗3分 1.0
→5 日本ハム 117試合55勝57敗5分 0.0
→6 オリックス 116試合53勝58敗5分 1.5(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)