【MLB】大谷翔平、第1打席は空振り三振 メジャー自身初の100安打到達なるか

【MLB】大谷翔平、第1打席は空振り三振 メジャー自身初の100安打到達なるか

特別仕様のユニホームで試合に臨むエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

敵地アストロズ戦で「3番・DH」で2試合連続スタメン出場した

■アストロズ – エンゼルス(日本時間25日・ヒューストン)

 エンゼルスの大谷翔平投手は24日(日本時間25日)、敵地アストロズ戦で「3番・指名打者」で2試合連続スタメン出場。初回の第1打席は空振り三振だった。3試合ぶりの快音でメジャー自身初のシーズン100安打に到達するか注目される。

 初回2死。今季12勝を挙げているベテラン左腕マイリーと初対戦した。2ボール2ストライクから内角低めチェンジアップに空振り三振に倒れた。

 前日23日(同24日)から「プレーヤーズ・ウィークエンド」として行われ、両チームがニックネーム入りの白と黒のユニホームで対戦。エンゼルスの選手は真っ黒のユニホームを着用し、大谷は2年連続「SHOWTIME」のニックネーム入りで登場した。

 23日の同カードでは通算201勝右腕のザック・グリンキーに3打席まで無安打に抑えられるなど4打数無安打。スタメン出場では11試合ぶりの無安打に終わり、試合前までの今季成績は91試合出場、打率.302、99安打、16本塁打、54打点、11盗塁、OPS.881だった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)