広島塹江が危険球退場処分 中日与田監督のリクエストによるリプレー検証で

広島塹江が危険球退場処分 中日与田監督のリクエストによるリプレー検証で

広島・塹江敦哉【写真:荒川祐史】

頭部死球へのリクエストは今季から対象になっていた

■中日 – 広島(25日・ナゴヤドーム)

 広島の塹江敦哉投手が危険球により退場処分となった。25日、敵地ナゴヤドームでの中日戦。8回、京田に対して頭部をかすめる死球を与え、中日の与田剛監督のリクエストによるリプレー検証の末に退場処分となった。

 この回、1死から大島が中前安打で出塁し、京田が打席に立った。その初球はすっぽ抜け、京田の頭部付近に飛んだ。ヘルメットをかすめ、ボールは捕手の會澤のミットへと収まった。

 ここで与田監督はリクエストし、リプレー検証を要求。今季から頭部死球もリクエストの対象へと拡大されており、審判団はリプレー検証を実施。この末に、塹江は頭部死球による危険球退場処分となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)