鷹・高橋純が危険球退場処分 フォークが抜け、中村奨の頭部に死球

ソフトバンク高橋純平が初の危険球退場処分 フォーク抜けロッテ中村奨の頭部に死球

記事まとめ

  • 25日、ZOZOマリンスタジアムでソフトバンクホークスとロッテが対戦した
  • 7回、SB高橋純平のフォークがすっぽ抜け、ロッテ中村奨の頭部に死球を与えた
  • 高橋純平に球審から危険球退場が宣告され、4番手では甲斐野がマウンドにあがった

鷹・高橋純が危険球退場処分 フォークが抜け、中村奨の頭部に死球

鷹・高橋純が危険球退場処分 フォークが抜け、中村奨の頭部に死球

ソフトバンク・高橋純平【写真:荒川祐史】

中村奨は一度ベンチに下がったものの、その後もプレー続行

■ロッテ – ソフトバンク(25日・ZOZOマリン)

 ソフトバンクの高橋純平投手が、初の危険球退場処分を受けた。

 25日、敵地ZOZOマリンスタジアムで行われたロッテ戦。アクシデントは7回に起きた。6回無死一、二塁のピンチで登板し、窮地を凌いでいた高橋純。7回も回を跨いでマウンドに上がったが、先頭の中村奨の頭部に死球を与えた。

 2ボール2ストライクとなってから4球ファウルで粘れての10球目。136キロのフォークがすっぽ抜け、中村奨の頭部に当たる死球となった。その後、球審から危険球退場が宣告され、4番手では甲斐野がマウンドへ。死球を受けた中村奨は一度はベンチに下がったものの、プレーを続行した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)