鷹、ZOZOマリンで勝てない… 屈辱3連敗で今季2勝10敗に ロッテは種市7勝目

鷹、ZOZOマリンで勝てない… 屈辱3連敗で今季2勝10敗に ロッテは種市7勝目

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

ソフトバンクは打線が3点止まり、自慢の救援陣が崩れる

■ロッテ 4-3 ソフトバンク(25日・ZOZOマリン)

 ソフトバンクが屈辱の3連敗を喫した。25日、敵地ZOZOマリンスタジアムで行われたロッテ戦。同点で迎えた7回に高橋純が危険球退場、後を受けた甲斐野がロッテ打線の猛攻に遭って競り負けた。

 2回に先発の武田が井上にソロを浴びて先制点を奪われた。ロッテ先発の種市の前に6回までわずか2安打と大苦戦を強いられていたものの、7回に内川、柳田の連続四球と種市の暴投で1死二、三塁とすると、中村晃の二ゴロの間で同点に追いついた。

 だが、その裏、6回無死一、二塁の窮地を凌いでいた3番手の高橋純が回跨ぎでマウンドに上がると、先頭の中村奨に頭部死球を与えて危険球退場に。後を受けた甲斐野が1死三塁から清田の投ゴロの間に勝ち越し点を奪われると、さらに鈴木にも2点適時二塁打を許してこの回3点を奪われて敗れた。

 9回に牧原の適時打で1点差に迫ったが、最後は明石が凡退して追い上げも届かず。屈辱のカード3連敗となり、今季、敵地ZOZOマリンスタジアムでのロッテ戦は2勝10敗と8個の負け越しで終えることになった。

 ロッテは2回に井上の2試合連発のソロ本塁打で先制すると、同点に追いつかれた7回には清田の投ゴロの間に勝ち越し、鈴木の2点適時二塁打でリードを広げた。先発の種市は8回を投げて4安打8奪三振、5つの四球を与えながらも2失点に凌いで7勝目をマークした。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)