【MLB】投球直前で審判からタイムを取られ…マイナー投手が観客席へ投げる衝撃の一投

【MLB】投球直前で審判からタイムを取られ…マイナー投手が観客席へ投げる衝撃の一投

3Aポータケットのマイク・シャワリン(左)(画像はスクリーンショット)

セットポジションで投球直前→主審がタイム→観客席へ山なり投球

 球審へ前代未聞の抗議投球? レッドソックス傘下3Aポータケットのマイク・シャワリン投手が25日(日本時間26日)、ブルージェイズ傘下3Aバッファローとの一戦で観客席へ向かって衝撃の1球を投じた。投球直前で球審がタイムを取ったためとみられ、米国で話題となっている。

 この衝撃投球を、バッファロー公式ツイッターが「ほんとに少しだけ高かったね」と動画付きでアップ。セットポジションのシャワリンが投球動作に入りかけたところで、球審から「タイム」のコール。山なりではあるが、ボールはスクリーンから大きく外れてバックネット方向へ。ネット裏に控えていたマスコットも後ろを振り向き、ボールの行方を追っている。

 現地放送局の実況は「長い間合いの後に、今彼はスクリーンを越えて観客席の方にボールを投げました。タイムアウトが認められたことに関して、あまり良い気分ではないようです。実際のところそこまで長く間合いを取っていたわけではありませんでしたが」と伝えた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)