【侍J壮行試合】佐々木朗希、圧巻最速156キロ! 1回3人斬り、2三振奪って降板

【侍J壮行試合】佐々木朗希、圧巻最速156キロ! 1回3人斬り、2三振奪って降板

U18佐々木朗希150キロ連発

【侍J壮行試合】佐々木朗希、圧巻最速156キロ! 1回3人斬り、2三振奪って降板

侍U18壮行試合に先発した高校代表の佐々木朗希【写真:荒川祐史】

壮行試合に先発した佐々木は150キロ台を連発、2番手で興南の宮城が登板

 30日から韓国・機張(きじゃん)で開催される「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」に出場する野球日本代表「侍ジャパン」のU-18高校代表は26日、明治神宮野球場で大学日本代表と壮行試合を行った。高校代表の先発マウンドには、最速163キロを誇る大船渡の佐々木朗希投手が上がり、1回を3者凡退に封じた。

 初回、高校代表の攻撃が3者凡退に終わると、佐々木が注目のマウンドに上がった。その初球、セットポジションから代名詞である足を高く上げるフォームで投じられたボールはいきなり152キロ。法大の宇草が放った打球は左翼への飛球に。左翼・遠藤が頭から突っ込んでキャッチ。ボールはグラブから溢れたものの、判定はアウトとなり左飛となった。

 2番の小川に対しての3球目には156キロをマークしスライダーで空振り三振に。3番の柳町もフルカウントから152キロの真っ直ぐでバットに空を切らせ、初回から2つの三振を奪い3者凡退に仕留めた。佐々木は1回でお役御免に。1点を先制した2回からは興南の宮城大弥投手がマウンドに上がった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)