【侍J壮行試合】星稜・山瀬が“忍者”亜大・田中の盗塁阻止 “相棒”奥川大喜び

【侍J壮行試合】星稜・山瀬が“忍者”亜大・田中の盗塁阻止 “相棒”奥川大喜び

侍U18壮行試合に出場している侍U-18代表の山瀬慎之助【写真:荒川祐史】

6回に星稜の山瀬が俊足・田中の二盗を阻止、ベンチの奥川も大喜び

 30日から韓国・機張(きじゃん)で開催される「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」に出場する野球日本代表「侍ジャパン」のU-18高校代表は26日、明治神宮野球場で大学日本代表と壮行試合を行い、途中出場の星稜・山瀬慎之助捕手が、自慢の強肩で沸かせた。

 6回。慶大・郡司を四球で出すと、大学日本代表は代走に俊足の田中幹也内野手を起用。東海大菅生時代から、その脚力と守備力に定評があり、忍者の異名を取ったほど。田中がスチールを仕掛けると、山瀬が強肩発動し、見事にアウト。白熱の攻防にスタンドからはどよめきが起こり、ベンチの星稜・奥川恭伸も“相方”の好プレーに大喜びだった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)