【侍J壮行試合】佐々木、1回無失点2K&最速156キロに手応え! 「コースに決まっていれば打ち取れる」

【侍J壮行試合】佐々木、1回無失点2K&最速156キロに手応え! 「コースに決まっていれば打ち取れる」

侍U18壮行試合に先発した高校代表の佐々木朗希【写真:荒川祐史】

先発し1回を無安打2奪三振無失点、最速156キロをマークした佐々木

 30日から韓国・機張(きじゃん)で開催される「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」に出場する野球日本代表「侍ジャパン」のU-18高校代表は26日、明治神宮野球場で大学日本代表と壮行試合を行い5-5で引き分けた。先発の大船渡・佐々木は最速156キロをマークするなど1回無安打2奪三振無失点の好投、試合後は「コースに決まっていれば打ち取れると思った」と手応えを口にした。

 注目の先発・佐々木は初回。宇草を左飛、続く小川に対しては3球目にこの日、最速の156キロをマークし最後はスライダーで空振り三振。柳町にはフルカウントから152キロの直球で空振り三振を奪い1回無安打2奪三振無失点で降板となった。

 試合後のインタビューに応じた佐々木は「流れ作りたくて、攻撃3者凡退に終わってしまったのでその中で自分も3者凡退に切れたことは良かった」と語った。2三振を奪う好投には「しっかりコントロールできたので、コースに決まっていれば打ち取れると思ったので良かったです」と自信を得た様子だった。

 高校侍ジャパン初の世界一に向け「この代で世界一を取れるように頑張りたい」と語った。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)