【侍J壮行試合】高校日本代表が大学日本代表に価値ある引き分け! 佐々木は156キロマーク

【侍J壮行試合】高校日本代表が大学日本代表に価値ある引き分け! 佐々木は156キロマーク

先発した大船渡・佐々木朗希【写真:荒川祐史】

先発の大船渡・佐々木は最速156キロをマークし1回無安打2奪三振無失点、9回に山瀬がスクイズで勝ち越しも

 30日から韓国・機張(きじゃん)で開催される「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」に出場する野球日本代表「侍ジャパン」のU-18高校代表は26日、明治神宮野球場で大学日本代表と壮行試合を行い5-5の引き分けに終わった。

 先発の大船渡・佐々木は初回。宇草を左飛、続く小川に対しては3球目にこの日、最速の156キロをマークし最後はスライダーで空振り三振。柳町にはフルカウントから152キロの直球で空振り三振を奪い1回無安打2奪三振無失点で降板となった。

 打線は2回に先頭・石川が中前に落ちるラッキーな二塁打で出塁すると、続く遠藤の打席で大学日本代表の捕手・海野が石川のリードが広くなったところに二塁へ送球。だが、遊撃・小川がグラブで弾くとボールが中堅へ転々とする間に石川が一気に生還し先制に成功。

 高校日本代表は4回。石川、遠藤の連打などで2死一、二塁のチャンスを作ると熊田が中前適時打を放ちリードを広げた。

 だが、大学日本代表はその裏。無死二塁から牧が左翼線へタイムリー二塁打を放ち1点を返すと、さらに1死二塁から佐藤が右前適時打を放ち同点に。さらに海野が左翼ポール際に飛び込むソロを放ちこの回一挙3点を奪い逆転に成功。

 それでも高校日本代表は4番が奮起。5回2死一、二塁からこの日2安打を放っている石川が左翼フェンス直撃の2点タイムリー二塁打を放ち逆転に成功。負けられない大学日本代表は6回に4番・牧が左翼席へソロを放ち同点に追いつく。

 それでも9回。先頭の代打・武岡が左翼線二塁打で出塁し犠打で1死三塁の好機を作る。ここで山瀬がスクイズを成功させ勝ち越しに成功した。それでも大学日本代表は1死二塁から篠原が中前適時打を放ち同点に追いつき試合は引き分けに終わった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)