【侍J壮行試合】惜しくも引き分けの高校日本代表 永田監督「とにかく勝ちにいこうと」

【侍J壮行試合】惜しくも引き分けの高校日本代表 永田監督「とにかく勝ちにいこうと」

侍ジャパンU-18・永田裕治監督【写真:荒川祐史】

先発に指名した佐々木には「この大観衆の中でどれだけできるかなというのも含めて」

 30日から韓国・機張(きじゃん)で開催される「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」に出場する野球日本代表「侍ジャパン」のU-18高校代表は26日、明治神宮野球場で大学日本代表と壮行試合を行い5-5で引き分けた。9回まで1点リードするなど互角の戦いを見せた永田監督は「こういう試合ができるように一戦、一戦しっかり頑張りたい」と、本番に向けての意気込みを語った。

 あと一歩で大学日本代表相手に初勝利を逃したが、投打で互角以上の戦いを見せた高校日本代表。試合後、永田監督はまず「最後まで大学生の執念を見ました。非常にいい経験をさせてもらいました。感謝したい」と、口にした。

 先発のマウンドには大船渡の佐々木を指名。日本のエースは期待に応えるように最速156キロをマークするなど1回無安打2奪三振無失点の好投を見せた。佐々木に先発を託した指揮官は「この大観衆の中でどれだけできるかなというのも含めて佐々木でいきました」と理由を明かした。

 大学日本代表を相手にもナインには「敵地・韓国に渡ってまずアメリカ、台湾、ここに勝たないと次の戦いは中々難しい。胸を借りると言うより、とにかく勝ちに行こうと伝えていた」と語った。韓国で開催されるワールドカップに向けては「こういう試合ができるように一戦、一戦しっかり頑張りたいと思います」と、悲願の世界一を誓った。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)