【侍J壮行試合】高校日本代表4番・石川が3安打2打点 木製バットに「苦になることはない」

【侍J壮行試合】高校日本代表4番・石川が3安打2打点 木製バットに「苦になることはない」

「4番・三塁」で先発出場した侍U18代表・石川昂弥【写真:荒川祐史】

永田監督も信頼「打の中心としてやってくれると期待」

 30日から韓国・機張(きじゃん)で開催される「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」に出場する野球日本代表「侍ジャパン」のU-18高校代表が、26日に明治神宮野球場で行われた壮行試合で大学日本代表と対戦。「4番・三塁」でフル出場した東邦・石川昂弥内野手は3安打2打点と大学生相手に気を吐いた。永田裕治監督が全幅の信頼を置く主砲は、初の世界一に向けて快音連発のスタートを切った。

 投の主役が佐々木朗希なら、打の主役は石川だった。先頭で迎えた2回、大学No.1の呼び声も高い明大・森下暢仁投手から中前にポトリと落ちる二塁打を放つと、4回には中前打でチーム唯一のマルチ安打をマーク。そして5回2死一、二塁の好機で迎えた第3打席には左翼フェンス直撃の2点適時二塁打で一時逆転を呼び込んだ。

「自分の仕事ができてよかった」と表情は崩さず手応えを語った石川。木製バットへの対応も「苦になることはない」と頼もしい。今夏は愛知大会の2回戦でコールド負けを喫する不覚を取ったが、そのぶん万全の状態で侍のユニホームに袖を通す。永田監督も「(このチームで)4番は外していませんので、打の中心としてやってくれると期待しています」と目を細める。

 過去、高校世代では世界一になったことがないが、主砲が打てば悲願が近づくことは分かっている。「日本の4番はプレッシャーはなくもない。打たせてもらっている喜びを感じています。世界一になれるようにしっかり自分の仕事を果たしたい」。ドラフト上位候補のスラッガーが、自覚と自負を胸に世界に挑む。(小西亮 / Ryo Konishi)

関連記事(外部サイト)