【侍J壮行試合】流れ変えた“リリーフ・林” 圧巻の火消しに「準備もできていた」

【侍J壮行試合】流れ変えた“リリーフ・林” 圧巻の火消しに「準備もできていた」

侍U18代表の4番手で登板した近江・林優樹【写真:荒川祐史】

同点の7回1死三塁で救援登板した林、最後は併殺で無失点に抑える

 侍ジャパン壮行試合「高校日本代表-大学日本代表」が26日、神宮球場で行われ試合は5-5の引き分けに終わった。高校日本代表は互角以上の勝負を見せ30日から韓国・機張(きじゃん)で開催される「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」に向け弾みを付けた。

 先発の大船渡・佐々木朗希、出番がなかった星稜・奥川恭伸に注目が集まるが、試合の流れを変える中継ぎ陣が悲願の世界一に向けポイントになるかもしれない。この日、4番手で登板した近江の左腕・林優樹は試合後、「ああいう形で投げる機会が多くなるので、自分の持ち味出していきたい」と、自らの役割を感じ取っていた。

 林の出番は同点で迎えた7回1死三塁。一打勝ち越し、暴投も許されない緊迫した状況だったが「永田監督からずっとピンチで行くぞと言われていたので準備もできていた」と動じることはなかった。宇草には四球を与えたが続く児玉を得意のチェンジアップで遊ゴロ併殺に仕留め勝ち越しを許さなかった。

 左打者の宇草には四球を許したが、強きに内角直球を投げ込み雰囲気に飲まれることはなかった。林自身も「向かっていこうと、ここで引かずに。左打者にインコース真っすぐ投げたので。向かっていこうと言っていたので、その結果がああいう結果に繋がった」と語り、手応えを得たようだ。

 米国、台湾、韓国と好投手が並ぶ世界の強豪とは接戦が予想される。打線は水物、いかに無駄な失点を無くすかが勝敗を分ける。林は自らの役割をはっきりと理解している。

「初の世界一を取りに行きたい。自分もああいう形で投げる機会が多くなるので、自分の持ち味出していきたい」

 速球派が並ぶ日本の投手陣の中で制球力、チェンジアップなどで勝負する技巧派左腕の林。日本代表が狙う悲願の世界一は“リリーフ・林”の活躍が必要不可欠だ。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)