巨人、広島戦の5年連続負け越し 8四死球も4安打零封負け、坂本勇が途中交代

巨人、広島東洋カープ戦の今季の負け越しが決定 広島ジョンソンが“怪投”で9勝目

記事まとめ

  • 読売ジャイアンツが広島東洋カープに2-0で零封負けを喫し、今季の広島戦は負け越し
  • 先発のメルセデスが2回に松山にソロ本塁打を浴びて2点のリードを奪われた
  • 広島は先発のジョンソンが8四死球も無失点の“怪投”で9勝目

巨人、広島戦の5年連続負け越し 8四死球も4安打零封負け、坂本勇が途中交代

巨人、広島戦の5年連続負け越し 8四死球も4安打零封負け、坂本勇が途中交代

巨人・原監督【写真:Getty Images】

広島はジョンソンが8四死球も無失点の“怪投”で9勝目

■広島 2-0 巨人(27日・東京ドーム)

 巨人が零封負けを喫し、広島戦の今季の負け越しが決まった。27日、本拠地・東京ドームでの一戦。先発のメルセデスが2点のリードを奪われると、打線がジョンソンら広島投手陣の前にゼロ行進。わずか4安打に終わった。

 メルセデスは2回に松山にソロ本塁打を浴びて先制点を奪われると、4回にはメヒアのソロ本塁打で2点目を与えた。打線は広島先発のジョンソンの前に1点が遠い。8四死球で再三走者を出しながらも、わずか4安打しか打てずにゼロ行進が続いた。

 広島は先発のジョンソンが7回3安打8四死球無失点の“怪投”で9勝目。松山とメヒアのソロ本塁打で奪った2点を、ジョンソンから遠藤、フランスアのリレーで逃げ切った。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)