巨人、28日にもマジック消滅の危機 広島に敗戦、DeNAが勝ち5ゲーム差に

読売ジャイアンツが広島東洋カープに2-0で完敗 きょうにもマジック消滅の危機

記事まとめ

  • 読売ジャイアンツが東京ドームで行われた広島東洋カープに2-0で完敗した
  • 一方、横浜DeNAベイスターズは筒香嘉智の適時打などでヤクルトスワローズに逆転勝ち
  • これにより、巨人とDeNAのきょうの結果次第で、巨人のマジックが消滅する

巨人、28日にもマジック消滅の危機 広島に敗戦、DeNAが勝ち5ゲーム差に

巨人、28日にもマジック消滅の危機 広島に敗戦、DeNAが勝ち5ゲーム差に

巨人・原監督【写真:Getty Images】

28日のDeNAと巨人の結果次第でDeNAの自力Vの可能性が復活する

 巨人が、優勝へのマジックナンバーが消滅する危機に直面した。27日、本拠地・東京ドームで行われた広島戦に2-0で完敗。2位のDeNAがヤクルトに勝ち、その差は5ゲームに縮まった。

 巨人は広島投手陣の前に1点も奪えず。先発のジョンソンから8つの四死球を貰いながら、わずか3安打。再三、走者を出しながら、あと1本が出なかった。8回は遠藤、9回はフランスアに抑えられ、4安打零封負けに終わった。

 DeNAはヤクルトに逆転勝ち。1点ビハインドの5回に筒香の内野ゴロの間に追いつくと、7回には筒香の中前適時打で勝ち越した。この結果により、両チームの28日の結果次第でDeNAの自力Vの可能性が復活し、巨人のマジックが消滅する。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)