【MLB】田中将大、菊池との投げ合いで貫禄の7回零封 日本人初の6年連続2桁勝利達成!

【MLB】田中将大、菊池との投げ合いで貫禄の7回零封 日本人初の6年連続2桁勝利達成!

敵地マリナーズ戦に先発登板したヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

7回3安打無失点7奪三振1四球と好投、菊池は4回5失点で降板…

■ヤンキース 7-0 マリナーズ(日本時間28日・シアトル)

 ヤンキースの田中将大投手は27日(日本時間28日)、敵地マリナーズ戦に先発し、7回3安打無失点7奪三振1四球と好投し、今季10勝目をマークした。“お得意様”のマリナーズを相手にまたも快投。4回5失点で降板した菊池雄星投手との初の投げ合いを制し、日本人初のメジャー6年連続2桁勝利に到達した。

 菊池がジャッジに通算100号の先制2ランを浴びて迎えた初回、田中はスミスとクロフォードを連続三振、ナルバエスは一ゴロと3者凡退でスタートを切る。2回はシーガーを一ゴロ、マーフィーを遊ゴロ、ボーゲルバックを二ゴロとすべて内野ゴロで3者凡退。菊池がガードナーに3ランを浴びて5点差となった3回はロペスを空振り三振の後、ゴードンには四球を与えて初めての走者を出したが、ムーアはニゴロ併殺打に仕留めて早くも雄叫びを上げた。

 4回はスミスを二ゴロ、クロフォードを中直、ナルバエスは遊直で再び3者凡退。5回は二塁打とヒットで2死一、三塁とされたものの、ゴードンを一ゴロでピンチを切り抜けた。6回はムーアを空振り三振、スミスを中飛、クロフォードを二ゴロ。7回もマウンドに上がると、先頭ナルバエスに二塁打を許したものの、後続を断って無失点に抑え、この回限りでマウンドを降りた。

 田中はマリナーズに対して通算9試合登板で7勝0敗、防御率2.10と好相性だったが、この日も快投。106球を投げてストライクは67球。防御率は4.47となった。今季はここまで26試合登板で9勝7敗。ヤンキースはリリーフ陣がリードを守り抜いて快勝し、田中は勝利投手に。ドジャース、ヤンキースでプレーした黒田博樹氏の5年連続2桁勝利を超え、日本人初の6年連続2桁勝利を達成した。

 一方、菊池は4回8安打5失点で降板。初回にジャッジに通算100号の先制2ランを浴びると、3回にはガードナーに3ランを被弾。8月18日(同19日)の敵地ブルージェイズ戦では9回2安打無失点、わずか96球で自身メジャー初の完封勝利を達成していたが、この日はゲームを作れず6勝目はならなかった。95球を投げてストライクは59球。防御率は5.36となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)