【MLB】田中将大、7回零封の快投で日本人初の6年連続2桁勝利! 菊池は4回5失点で9敗目

ヤンキース田中将大がマリナーズ菊池雄星との投げ合い制す メジャー6年連続2桁勝利

記事まとめ

  • ヤンキースの田中将大投手は日本時間28日、マリナーズ戦に先発し菊池雄星と投げ合った
  • 菊池が4回5失点で降板する中、田中は7回3安打無失点7奪三振1四球と好投した
  • 日本人初のメジャー6年連続2桁勝利となる今季10勝目を挙げ、11年連続2桁勝利も達成

【MLB】田中将大、7回零封の快投で日本人初の6年連続2桁勝利! 菊池は4回5失点で9敗目

【MLB】田中将大、7回零封の快投で日本人初の6年連続2桁勝利! 菊池は4回5失点で9敗目

敵地マリナーズ戦に先発し10勝目を挙げたヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

日本時代から11年連続2桁勝利、“お得意様”のマリナーズ相手に快投

ヤンキース 7-0 マリナーズ(日本時間28日・シアトル)

 ヤンキースの田中将大投手は27日(日本時間28日)、敵地マリナーズ戦に先発し、7回3安打無失点7奪三振1四球の好投。日本人初のメジャー6年連続2桁勝利となる今季10勝目(7敗)を挙げた。菊池雄星投手と日米通じて初の投げ合いとなったが、貫禄の投球を披露。菊池が4回5失点で降板する中、“お得意様”のマリナーズを寄せつけず。2試合ぶりの白星を挙げ、楽天時代から11年連続2桁勝利となった。

 初回、ジャッジが菊池から通算100号となる2ランを放ち、ヤンキースが先制。援護をもらった田中はその裏、3者凡退でスタートを切った。2回も3者凡退に抑えると、3回にガードナーが菊池から3ランを放ち追加点を奪取。5点差となったその裏、田中は1死からゴードンに四球を与えて初めての走者を出したものの、ムーアはニゴロ併殺打に仕留めて雄叫びを上げた。

 4回は再び3者凡退に抑えた田中。菊池が降板する中、5回は2死一、三塁のピンチを背負ったが、ゴードンを一ゴロに仕留めてピンチを切り抜ける。6回を3者凡退に抑えた田中は7回もマウンドに上がると、先頭ナルバエスに二塁打を許したものの、後続を断って無失点。ここでマウンドを降りた。

 通算9試合登板で7勝0敗、防御率2.10と好相性だったマリナーズ相手にこの日も快投。106球を投げてストライクは67球。防御率は4.47となった。これで今季10勝目。ドジャース、ヤンキースでプレーした黒田博樹氏の5年連続2桁勝利を超え、日本人初の6年連続2桁勝利となった。一方、菊池は4回8安打5失点で9敗目(5勝)。95球を投げてストライクは59球。防御率は5.36となった。

 田中のMLBでの年度別成績は以下の通り。

14年 20試合 13勝5敗 防2.77 136回1/3
15年 24試合 12勝7敗 防3.51 154回
16年 31試合 14勝4敗 防3.07 199回2/3
17年 30試合 13勝12敗 防4.74 178回1/3
18年 27試合 12勝6敗 防3.75 156回
19年 25試合 10勝6敗 防4.47 157回(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)