【高校野球】連覇どころか連続出場も難しい!? 夏の甲子園優勝校の「翌年」は…

【高校野球】連覇どころか連続出場も難しい!? 夏の甲子園優勝校の「翌年」は…

夏の甲子園は連続出場も至難の業

毎年選手が入れ替わる高校野球 強さ持続は至難の業

 第101回全国高校野球選手権は履正社(大阪)が初優勝を飾った。しかし、夏の優勝校が翌年も甲子園で活躍する可能性はそれほど高くない。

 学制改革で、甲子園大会が中等学校野球から高等学校野球へと変わった1948年以降の夏の優勝校の翌春、翌夏の戦績を見ていこう。×は、甲子園に出場せず。

1948年 小倉(福岡) 翌春ベスト4 翌夏ベスト8
1949年 湘南(神奈川) 翌春× 翌夏×
1950年 松山東(愛媛) 翌春× 翌夏×
1951年 平安(京都) 翌春ベスト8 翌夏×
1952年 県芦屋(兵庫) 翌春× 翌夏2回戦
1953年 松山商(愛媛) 翌春× 翌夏×
1954年 中京商(愛知) 翌春× 翌夏ベスト4
1955年 四日市(三重) 翌春× 翌夏×
1956年 平安(京都) 翌春× 翌夏2回戦
1957年 広島商(広島) 翌春× 翌夏×
1958年 柳井(山口) 翌春× 翌夏×
1959年 西条(愛媛) 翌春× 翌夏1回戦

 1948年の小倉は中等学校野球の時代の1947年から夏連覇中だった。1949年の湘南はプロ野球ニュースのキャスターとして有名な佐々木信也氏がキャプテンを務め、初出場初優勝。しかし翌年は甲子園に縁がなかった。

1960年 法政二(神奈川) 翌春優勝 翌夏ベスト4
1961年 浪商(大阪) 翌春× 翌夏×
1962年 作新学院(栃木) 翌春× 翌夏×
1963年 明星(大阪) 翌春× 翌夏1回戦
1964年 高知(高知) 翌春× 翌夏×
1965年 三池工(福岡) 翌春× 翌夏×
1966年 中京商(愛知) 翌春× 翌夏ベスト4
1967年 習志野(千葉) 翌春× 翌夏×
1968年 興国(大阪) 翌春× 翌夏×
1969年 松山商(愛媛) 翌春× 翌夏×

 1962年の作新学院は春夏連覇だったが、翌年は甲子園出場ならず。1965年の三池工は、巨人・原辰徳監督の父、原貢監督の采配で初出場初優勝したが、以後は1度も甲子園に出場していない。1966年の中京商は春夏連覇だったが、翌春は甲子園に出場していない。

1970年 東海大相模(神奈川) 翌春× 翌夏×
1971年 桐蔭学園(神奈川) 翌春× 翌夏×
1972年 津久見(大分) 翌春× 翌夏×
1973年 広島商(広島) 翌春2回戦 翌夏×
1974年 銚子商(千葉) 翌春× 翌夏×
1975年 習志野(千葉) 翌春2回戦 翌夏×
1976年 桜美林(西東京) 翌春2回戦 翌夏2回戦
1977年 東洋大姫路(兵庫) 翌春× 翌夏×
1978年 PL学園(大阪) 翌春ベスト4 翌夏×
1979年 箕島(和歌山) 翌春× 翌夏ベスト8

 1979年の箕島も春夏連覇。しかし翌春は甲子園に出場できず。

KKコンビを擁した1983年のPL学園は翌年春夏ともに準優勝

1980年 横浜(神奈川) 翌春× 翌夏2回戦
1981年 報徳学園(兵庫) 翌春× 翌夏×
1982年 池田(徳島) 翌春優勝 翌夏ベスト4
1983年 PL学園(大阪) 翌春準優勝 翌夏準優勝
1984年 取手二(茨城) 翌春× 翌夏×
1985年 PL学園(大阪) 翌春1回戦 翌夏×
1986年 天理(奈良) 翌春× 翌夏2回戦
1987年 PL学園(大阪) 翌春× 翌夏×
1988年 広島商(広島) 翌春× 翌夏×
1989年 帝京(東東京) 翌春1回戦 翌夏×

 1983年のPL学園は翌年春夏ともに準優勝。桑田真澄、清原和博のKKコンビを擁し「史上最強」とも言われる伝説のチームだった。1984年の取手二は、以後、一度も甲子園に出場していない。

1990年 天理(奈良) 翌春2回戦 翌夏2回戦
1991年 大阪桐蔭(大阪) 翌春× 翌夏×
1992年 西日本短大付(福岡) 翌春× 翌夏×
1993年 育英(兵庫) 翌春× 翌夏×
1994年 佐賀商(佐賀) 翌春× 翌夏×
1995年 帝京(東東京) 翌春1回戦 翌夏×
1996年 松山商(愛媛) 翌春× 翌夏×
1997年 智弁和歌山(和歌山) 翌春× 翌夏3回戦
1998年 横浜(神奈川) 翌春1回戦 翌夏×
1999年 桐生第一(群馬) 翌春× 翌夏2回戦

 1998年の横浜は松坂大輔を擁して春夏連覇。しかし松坂が西武に入団した翌春は甲子園に出場できず。

2000年 智弁和歌山(和歌山) 翌春× 翌夏×
2001年 日大三(西東京) 翌春1回戦 翌夏×
2002年 明徳義塾(高知) 翌春3回戦 翌夏2回戦
2003年 常総学院(茨城) 翌春× 翌夏×
2004年 駒大苫小牧(南北海道) 翌春2回戦 翌夏優勝
2005年 駒大苫小牧(南北海道) 翌春× 翌夏準優勝
2006年 早稲田実(西東京) 翌春× 翌夏×
2007年 佐賀北(佐賀) 翌春× 翌夏×
2008年 大阪桐蔭(大阪) 翌春× 翌夏×
2009年 中京大中京(愛知) 翌春ベスト8 翌夏2回戦

 2004年の駒大苫小牧は、高校野球になってからは唯一の夏連覇。田中将大を擁して2006年に夏3連覇を目指したが、斎藤佑樹の早稲田実に決勝で引き分け再試合の末に敗れた。

2010年 興南(沖縄) 翌春× 翌夏×
2011年 日大三(西東京) 翌春× 翌夏1回戦
2012年 大阪桐蔭(大阪) 翌春3回戦 翌夏3回戦
2013年 前橋育英(群馬) 翌春× 翌夏×
2014年 大阪桐蔭(大阪) 翌春ベスト4 翌夏×
2015年 東海大相模(神奈川) 翌春× 翌夏×
2016年 作新学院(栃木) 翌春2回戦 翌夏1回戦
2017年 花咲徳栄(埼玉) 翌春× 翌夏2回戦
2018年 大阪桐蔭(大阪) 翌春× 翌夏×
2019年 履正社(大阪)

 2010年の興南、2012年、2018年の大阪桐蔭は春夏連覇。しかし春夏春の連続優勝はどこも達成できなかった。

 高校野球は3年で選手が全て入れ替わる。選手が活躍できる期間は2年半だ。そのために主力の3年生が引退すると、連覇どころか甲子園に連続出場することさえ難しくなる。
1948年以降、昨年までの夏優勝71校のうち、翌春の甲子園に出場できたのは21校、翌夏は25校、翌年の春夏に連続出場したのは11校に過ぎない。

 今夏の履正社の主力選手も大半が3年生だった。来春以降どうなるだろうか?(広尾晃 / Koh Hiroo)

関連記事(外部サイト)