【MLB】大谷翔平、7回に逆転を呼ぶ左前打 先頭で2戦ぶりヒット、エ軍は一挙4得点

エンゼルス・大谷翔平、レンジャーズ戦にスタメン出場し2試合ぶりにヒット放つ

記事まとめ

  • エンゼルスの大谷翔平投手は日本時間28日、レンジャーズ戦に4試合連続スタメン出場
  • 第1、2打席は内野ゴロに倒れたが、第3打席初球のナックルカーブをレフト前に運んだ
  • 大谷は19日のホワイトソックス戦第4打席以来、ホームランは29打席連続で出ていない

【MLB】大谷翔平、7回に逆転を呼ぶ左前打 先頭で2戦ぶりヒット、エ軍は一挙4得点

【MLB】大谷翔平、7回に逆転を呼ぶ左前打 先頭で2戦ぶりヒット、エ軍は一挙4得点

「3番・DH」で先発出場しているエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

左腕マイナーから快音、ホームランは29打席連続なしに

エンゼルスレンジャーズ(日本時間28日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は27日(日本時間28日)、本拠地レンジャーズ戦に「3番・DH」で4試合連続スタメン出場。第3打席に2試合ぶりのヒットとなる左前打を放った。

 初回は2死走者なしで先発左腕マイナーのシンカーを打ち、遊ゴロに倒れた大谷。1点を追う4回1死走者なしの第2打席でも投ゴロに倒れた。しかし、エンゼルスがわずか1安打で迎えた7回、先頭で打席に入ると、マイナーの初球にナックルカーブをレフト前に運んだ。

 これがチーム2本目のヒットに。エンゼルスはその後、アップトンとプホルスが四球を選び満塁。シモンズは二飛に倒れたものの、カルフーンが右中間を破る逆転の2点二塁打。大谷のヒットからエンゼルスが試合をひっくり返した。さらに、グッドウィンの2点打も飛び出し、一挙4点を奪ってマイナーをマウンドから引きずり下ろした。

 大谷は23〜25日(同24〜26日)の敵地でのアストロズ3連戦では、自身メジャー初のシーズン100安打に到達したが、12打数でその1安打のみ。8月18日(同19日)の本拠地ホワイトソックス戦の第4打席以来、ホームランは29打席連続で出ていない。

 8月は79打数25安打の打率.316、OPS(出塁率+長打率).838と好調。今季通算成績は、試合前まで打率.298、16本塁打、54打点、OPS.868となっている。

 相手先発のマイナーとの対戦成績は通算9打数3安打の打率.333で、昨季の対戦でもホームランを放っており、7試合ぶりの一発にも期待がかかる。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)