突然の守備変更で訪れた転機 4年前にU-18W杯から学んだ「変わること」の大切さ

突然の守備変更で訪れた転機 4年前にU-18W杯から学んだ「変わること」の大切さ

4年前のU-18 W杯に出場した東海大・杉崎成輝内野手【写真:編集部】

2015年夏の甲子園V東海大相模→東海大の不動の遊撃手・杉崎成輝内野手

 4年前にU-18・W杯で日の丸を付けて戦った東海大の杉崎成輝内野手。最上級生となり、最後のリーグ戦を迎えた。大東文化大とのリーグ開幕戦では「3番・遊撃」でスタメン。2安打を放ち、勝利に貢献した。2015年夏の甲子園で優勝した東海大相模でも不動の遊撃手。優勝を果たし、代表メンバー入りした。最初は控えからのスタートだったが、外野手のケガで慣れない左翼で起用され、準優勝。今大会の侍ジャパンも同じように高校球界屈指の遊撃手が集まり、外野手を兼務している。当時の慣れない守備のこと、大会中に対応できた木製バットについて、話を聞いた。

 甲子園を制した夏から4年。杉崎は神奈川・平塚にある東海大の野球部グラウンドでノックを受けていた。最後のリーグ戦を前に「あっという間だった」という4年を振り返った。

「何もしていない。結果も残していない……。もう4年です。大学1年の時は、春から試合に出させてもらって、レベルの違いを経験させてもらえました。2年生の時は個人的にも結果を残せたかなと。経験もうまく生かせたかなと思います。守備もコーチの方に鍛えてもらってよくなっていった気がします」

 そして、3年生。心身ともに充実のシーズンを迎えるはずだった。しかし、リーグ戦前の練習でスライディングをした時に左足首を痛め、戦線離脱した。

「下級生から経験をさせてもらったのに、大事なところでけがをしてしまい、チームに迷惑をかけてしまいました。スライディングをするか、しないかを迷ってしまって、気が抜けたスライディングになってしまったんです。(スパイクの)歯が地面に刺さってしまって、足をひねってしまいました」

 このけがから、杉崎の意識は変わった。中途半端なプレーはしない。体のケアを練習や試合前後、しっかりすること。今まで怠っていたわけではないが、より重く、受け止めるようになった。

「今だから言えるのは、けがをしてよかったなと思います。これからも、言えるようになっていきたいなと思います」

同級生・小笠原(中日)や平沢(ロッテ)らがプロの道へ進むも、杉崎は社会人野球で技術を磨く

 さまざまな思いが駆け巡った4年間だった。すでに高校から東海大相模の同級生・小笠原慎之介投手(中日)や、同じ遊撃手だった平沢大河内野手(ロッテ)らがプロ入り。同じ場所に立つために戦ってきたが、今の自分を見つめ、杉崎は社会人で野球を続けることを決めている。夢を諦めたわけではない。

「直接、プロに行った(W杯の)メンバーは気になりますよ。投手は別として、平沢(大河)、オコエ(瑠偉)、堀内(謙伍)……同じ野手なので、自分が目指すステージに今、いるというのは刺激にもなりますし、自分も早くそういう世界にいきたいとは思います」

 韓国・機張(きじゃん)では今、「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」が行われている。若き侍戦士たちが初の世界一へ向けて戦っている。今年のメンバーは外野手が少なく、内野手、特に遊撃手のできる選手が多く、遠藤成(東海大相模)、森敬斗(桐蔭学園)らが左翼、中堅を守っている。杉崎も4年間、内野手として選ばれたが、チームメートだった豊田寛(東海大相模→国際武道大)が左ひざに死球を受けて負傷したため、スーパーラウンドから左翼で出場することになった。

「内野手はいっぱいいて、二遊間を平沢と津田翔希(浦和学院→東洋大)が守って、自分が一番、その中では守備が下手だったので、西谷監督(大阪桐蔭)から『レフトやれるか?』と言われました」

 試合に出たい気持ちが一番だった。答えはひとつ。「やれます」――。中学時代は捕手と遊撃手。外野手の経験はなかった。国際大会でいきなり、左翼に就いた。

「とても緊張しましたね。“飛んでくるな”と思っていました。でも、あんまり飛んでこなかったかな(笑)。投手が僕のところに打たせたくなかったと思いますよ」

 出場のチャンスをつかんだ杉崎はここから打撃の状態も上がっていった。スーパーラウンドの第1戦のカナダ戦では「2番・左翼」で出場し、4打数2安打1打点と勝利に貢献。韓国戦は1番で起用され、2戦続けてマルチ安打で12-0と大勝。米国との決勝も1番に入り、安打を放った。木製バットも最初はうまく扱えなかったが、次第に対応できるようになった。

「最初は苦しみました。飛ばそう、飛ばそう、と大振りになっていました。西谷監督からのアドバイスや慣れもあって、少しずつ対応できるようになりました。大振りになっていたこと、それで目線がブレてしまっていたことを修正しました。長打を求められる打者でもなく低いライナー意識でやれという練習したら、慣れてきましたね」

あの時「外野はできない」と言っていたら…

 慣れなかった木製バットは今、器用に扱える。打ち損じの少ない打者になった。ここ1、2年、練習でも試合でもバットが折れた記憶はないという。

 杉崎にとって、W杯は貴重な経験になった。たったひとつの意識の変化によって、可能性は大きく広がるということを知った。あの時、「外野はできない」と言っていたら、世界大会の経験はできなかったかもしれない。

「今までのことを変えるだけで、結果も変わってくると思います。W杯は文化が違うので、“えっ?”となるプレーも多いです。それも自分の経験と思って、今のメンバーには頑張ってほしいですね。その中で力を発揮できる選手が強いと思うので、どんな環境でも自分を貫いていってほしい。自分が言うのもおこがましいですが、自分らは、あと一歩のところで逃したので、初めての優勝を持って帰ってきてほしいです」

 杉崎は野球人生のターニングポイントを逃さないよう、大切に考えている。それは中学生の時までさかのぼる。当時は捕手だったが、体は小さく、試合になかなか出場できなかった。コーチから「やってみないか?」と遊撃への変更を打診された。「捕手が好きだったんですけど、やってみようとなりました。あの一言がなかったら、僕は東海大相模にも行っていなかったかもしれませんし、野球人生が変わっていたと思いますし、野球の幅が広がりました」と今でも感謝の思いを持っている。

 活躍への道筋はどのような時に見えるかはわからない。環境が全然違くても、必要なことは「試合に出たい」「うまくなりたい」という前向きな姿勢を失わないこと。今、韓国で戦う若き侍へ――。杉崎は世界一以外にも、大切なものを感じて帰ってきてほしいと願っている。(楢崎豊 / Yutaka Narasaki)

関連記事(外部サイト)