【MLB】ダルビッシュ快投で5勝目、米記者から絶賛の嵐「カブスで最高の登板」「圧倒的」

【MLB】ダルビッシュ快投で5勝目、米記者から絶賛の嵐「カブスで最高の登板」「圧倒的」

敵地メッツ戦に先発し5勝目を挙げたカブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

今季最長8回1失点の快投、日米通算2500奪三振も達成「彼は見事だった」

■カブス 5-2 メッツ(日本時間28日・ニューヨーク)

 カブスのダルビッシュ有投手は27日(日本時間28日)、敵地メッツ戦に先発し、8回1失点7奪三振の好投で5勝目(6敗)を挙げた。日米通算2500奪三振を達成。5回に143打者ぶりの四球を与えたものの、終始メッツの打者たちを圧倒し、カブスを5-2での勝利に導いた。カブスの連敗は「3」でストップ。地元記者からはダルビッシュへの絶賛の嵐が巻き起こっている。

 ダルビッシュは初回を3者凡退に抑えると、快投を続けた。4回に先頭の新人アロンソに42号ソロを浴び、先制を許したが、後続を断って最少失点で切り抜ける。すると、直後の5回にカブスがラッセルの2ランで逆転。その裏、ダルビッシュは先頭フレイジャーに四球を与え、連続無四球は「142打者」で途切れたが、後続を断って無失点に抑えた。

 6回にはカブスがバエスの2ランで追加点を奪取。ダルビッシュはその裏にデービスから空振り三振を奪い、これが節目の日米通算2500奪三振目に。7、8回を3者凡退に仕留めて降板となった。今季最長の8回を投げて5安打1失点7奪三振1四球。今季3度目のハイ・クオリティスタート(HQS、7回以上を投げて自責2以下)を達成する快投だった。

 APスポーツのジェイ・コーヘン記者はツイッターで「恐らく言う必要のないくらい明らかだろうが、状況とパフォーマンスを考えると、これがダルビッシュのカブスでの最高の登板に違いない」と絶賛。カブス移籍後、最も素晴らしい登板だったとしている。

 ダルビッシュが8回を投げたのは、在籍2年目で初。MLBネットワークのジョン・モロシ記者は「ユウ・ダルビッシュが今夜8回投げた――。2017年7月21日以来のことだ。ニューヨークでカブスが本当に必要としていた時に圧倒的な投球をした」とレポートしている。

 さらに、Yahooスポーツのマット・エハルト記者は「ダルビッシュ:8回5安打、自責1、1与四球、7奪三振。彼は見事だった。メッツは答えが見つからなかった」とツイート。こちらも、ダルビッシュの投球を絶賛している。

 この日は104球を投げてストライクは73球。防御率は4.28となった。降板時には敵地にもカブスファンの「ユーイング」が響く快投だった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)