【MLB】田中将大、日本人初の6年連続2桁勝利に「すごく嬉しく思う」 7回零封の快投で偉業

【MLB】田中将大、日本人初の6年連続2桁勝利に「すごく嬉しく思う」 7回零封の快投で偉業

今季10勝目を挙げたヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

「周りのサポート」にも感謝「大きな怪我なくしっかり投げてこられた」

■ヤンキース 7-0 マリナーズ(日本時間28日・シアトル)

 ヤンキースの田中将大投手は27日(日本時間28日)、敵地マリナーズ戦で7回3安打無失点7奪三振1四球と好投し、日本人初のメジャー6年連続2桁勝利となる今季10勝目(7敗)を挙げた。日米通じて初の投げ合いとなった菊池雄星投手が4回5失点で降板する中、好相性のマリナーズを圧倒。楽天時代から11年連続2桁勝利を達成した。

 ヤンキース打線は初回にジャッジが通算100号2ラン、3回にガードナーが3ランを放ち、菊池から4回までに5点を奪取。援護をもらった田中は7イニングのうち3イニングを3者凡退に抑えるなど、過去9試合登板で7勝0敗、防御率2.10と好相性だったマリナーズ相手にこの日も好投した。

 この日は106球を投げてストライクは67球。防御率は4.47に。ドジャース、ヤンキースでプレーした黒田博樹氏の5年連続2桁勝利を超え、日本人初の6年連続2桁勝利となった。

 試合後、田中はこの偉業について「初ということで、それはすごく嬉しく思いますし、みんなの周りのサポートがあってやってこられたということと、大きな怪我なくしっかり投げてこられたのが1つの要因かなと思います」と喜びを噛み締めた。さらに、菊池との投げ合いについては「ヤンキース打線も前回、彼にやられていたので、打者のミーティングは全然知らないですけど、前回やられていた分、みんな気合が入っていたと思いますし、今回は味方の打線が菊池を上回って打ち崩せたというところだと思います」と話した。

 この日の投球については「味方が早い段階で得点を挙げてくれたので、そういった意味で非常に自分の投球に集中はしやすかったですし、対戦の少ない打者がたくさんいたのでしっかりと自分の投球をすることを心がけて投げていったのがうまく行けた要因かなと思います」と振り返り、「スライダーが今日はゲームの中でキーになったと思います」と明かした。

 ヤンキースは3連勝で87勝47敗の勝率.649。2位レイズに10.5ゲーム差をつけて地区首位を独走する。田中は最後に「今日いっぱいはこの勝利を喜んで、また明日から次の登板に向けてしっかり準備していきたいと思います」と前を見据えていた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)