【MLB】菊池雄星、田中との投げ合いに敗れて9敗目 2被弾に「こういう打線を抑えないと…」

【MLB】菊池雄星、田中との投げ合いに敗れて9敗目 2被弾に「こういう打線を抑えないと…」

ヤンキース戦に先発したマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】

前回登板ではメジャー初完封も…「レベルの高い打線で甘い球見逃してくれない」

■ヤンキース 7-0 マリナーズ(日本時間28日・シアトル)

 マリナーズの菊池雄星投手は27日(日本時間28日)、本拠地ヤンキース戦に先発し、今季9敗目を喫した。田中将大投手と日米通じて初の投げ合いとなったが、4回8安打5失点で降板。チームも敗れ、試合後は「もっと長いイニングを投げたかったですし、試合にも勝ちたかったです」と肩を落とした。

 8月18日(同19日)の敵地ブルージェイズ戦では9回2安打無失点、わずか96球で自身メジャー初の完封勝利を達成していたが、完封劇から中8日での登板では試合を作れなかった。初回先頭のルメイヒューに左前打を許すと、ジャッジには打球速度114マイル(約183.5キロ)、飛距離462フィート(約140.8メートル)の強烈な2ランを浴びて先制を許した。

 2回は2死一、二塁のピンチを迎えたが、一発を浴びていたジャッジをチェンジアップで空振り三振に仕留めた。3回はガードナーに右翼フェンスをギリギリで越える3ランを被弾。5点を失い、4回8安打5失点で降板となった。打線は田中らヤンキース投手陣の前に完封負けをくらい、菊池は敗戦投手となった。

 ア・リーグ東地区で首位を走るヤンキースと2度目の対戦で、名門の力を見せつけられる試合に。試合後は「しっかり抑えたかったですけど、レベルの高い打線で甘い球は見逃してくれなかった。こういう毎年優勝するようなチームとやることで、まだまだやらなきゃいけないこと、たくさんの課題が見つかる。こういう打線を抑えていかないと、勝てるピッチャーになれない」と語った。(木崎英夫 / Hideo Kizaki)

関連記事(外部サイト)