珍事にパTVも驚き「日没コールドがツイッターの世界トレンド第3位に」

珍事にパTVも驚き「日没コールドがツイッターの世界トレンド第3位に」

日没コールドを告げた森球審【画像:パーソル パ・リーグTV】

28日に釧路で行われた日本ハム対西武はまさかの結末に

■西武 10-8 日本ハム(28日・釧路)

 28日に釧路で行われた日本ハム対西武の一戦はまさかの結末が待っていた。西武が10-8と2点リードとなった8回無死で審判団が協議を実施。そこで導き出されたのは、日没によるコールドゲームだった。

  西武は初回、中村の24号2ランで先制。2回に同点に追いつかれたものの、4回に中村が通算“41杯目”のおかわり弾となる25号3ランを放った。その後逆転を許したものの、6回に中村の投手強襲安打に相手守備の乱れが絡んで再逆転に成功。8回に森が18号ソロを放った直後、コールドゲームとなった。

 珍しい日没によるコールドゲームには反響が大きく広がった。「パーソル パ・リーグTV」の公式ツイッター「パーソル パ・リーグTV Lite」もこの珍事に驚き、そして「(日没コールドがツイッターの「世界」のトレンド第3位に)」と、あまりの反響の大きさに驚いていた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)