阪神・鳥谷が“引退勧告”から初の打席 7回代打で遊ゴロに倒れる

阪神・鳥谷が“引退勧告”から初の打席 7回代打で遊ゴロに倒れる

阪神・鳥谷敬【写真:荒川祐史】

8月31日に球団からの“引退勧告”が明るみに

■DeNA – 阪神(4日・横浜)

 阪神の鳥谷敬内野手がDeNA戦7回に代打で出場、3ボール1ストライクからの5球目を打ち遊ゴロに倒れた。8月31日に球団から“引退勧告”を受けたことが明るみになって以来、これが初めての出場だった。

 球団からの通告を受け、今季限りで退団するとされており、代打がコールされると、球場は割れんばかりの歓声に包まれた。引退か現役続行かの去就については言及していないものの、出場する限り最後まで打席で戦う姿勢は崩さない。8月28日甲子園での中日戦に代打で出場して以来の打席は1点リードの7回1死一、二塁で回ってきた。

 チームは4位のまま残り16試合。このままAクラスに入らなければタテジマの鳥谷の姿もあとわずかとなる。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)