【MLB】前田健太、5回2失点で9勝目の権利持ち降板 日本人投手最多タイのシーズン12安打目が逆転打

【MLB】前田健太、5回2失点で9勝目の権利持ち降板 日本人投手最多タイのシーズン12安打目が逆転打

敵地でのパドレス戦に先発登板したドジャース・前田健太【写真:Getty Images】

6回に第3打席に立ちながら、その裏は登板せずに降板

■パドレス – ドジャース(日本時間29日・サンディエゴ)

 ドジャースの前田健太投手が28日(日本時間29日)、敵地パドレス戦に先発登板し、5回を投げて2安打2失点と粘投し、9勝目の権利を手にした。初回に2点を失った前田だったが、2回に自ら逆転の2点適時打を放つと、このリードを守って5回まで投げ終えた。前田は5回2安打2失点、79球で降板。9勝目の権利を持って、リリーフ陣に後を託した。

 初回、いきなり先頭のガルシアに四球を与えた前田。1死からマチャドにも四球を与えると、ホズマーに適時打を浴びて先制点を献上。続くレンフローには犠飛を許し、いきなり2点を奪われた。その裏、ドジャースは先頭のベリンジャーが四球を選び、テイラーの単打で一、三塁にチャンスが拡大。シーガーの内野ゴロの間に1点を返すと、ヘルナンデス、マーティンの連続四球で満塁に。ここで打席に立った前田が右中間へ2点適時打を放ち、逆転に成功した。

 前田は2回を3者凡退に封じると、3回以降も走者を背負いながら、得点は許さず。1点リードのまま5回を投げ終えて、勝利投手の権利を掴んだ。前田は6回の攻撃でこの日の第3打席に立ちながら、その裏からはジョー・ケリー投手が登板。代打を送られずに交代となる珍しい降板に。このままドジャースが勝利すれば、今季9勝目となる。

 また、1打席目の適時打で今季12安打目。シーズン12安打は1999年のブルワーズ野茂英雄に並ぶ、日本人投手の最多タイの安打数となった。また、シーズン5打点はメジャー移籍後の自身最高を更新した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)