【U-18W杯】侍の新抑え候補・飯塚が魅せた輝き 習志野で学んだ「盛り上げ役」の大切さ

【U-18W杯】侍の新抑え候補・飯塚が魅せた輝き 習志野で学んだ「盛り上げ役」の大切さ

侍ジャパンU-18代表の習志野・飯塚脩人【写真:荒川祐史】

神宮球場の大舞台で151キロを記録、マメでノースローの佐々木に代わり抑え候補最有力

 30日から韓国・機張(きじゃん)で行われる「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)に参加する高校日本代表。佐々木朗希投手、奥川恭伸投手を中心に高いレベルの投手が揃う中、習志野の飯塚脩人投手は26日の大学ジャパンとの壮行試合で自己最速の151キロをマーク。8回から2イニングを投げて、1点は失ったが、力強い投球。抑え候補として存在感を発揮した。

 壮行試合の前日。都内で行われた結団式。飯塚は佐々木と奥川の間に座る事になった。その後、メディアによる希望選手のインタビューが始まった。意気込みを聞かれる2人の間で、居場所がなくなり顔を真っ赤にして机に伏せていた。

 その飯塚に声をかけると「見てくださいよ! このメンツ! えぐいですよ」と恥ずかしそうに笑った。

 夏の甲子園で敗れ、母校に帰った飯塚は「遊びたかったけれど練習しかしていない」と、野球部を引退しても大学で野球を続けるためグラウンドで練習を続けてきた。そんな中で選出された日本代表。選ばれるとは思っていなかった飯塚は「やばい。やっていけるのかな」と思ったという。習志野高の小林監督からは「日の丸を背負う経験は、ほんとにわずかな人にしかできないこと。良い経験になる。お前のキャリアの中で良い経験になるから全力で頑張ってこい」と背中を押された。

 選ばれた投手陣は9人。野手登録の投手を入れれば11人もの精鋭がいる。その中で全力でできることは「盛り上げ役」しかないと思った。

 チームを盛り上げる事――。

 それは、飯塚自身が逆転勝ちを重ね、春夏甲子園出場を叶えた習志野ナインから学んだことだった。

 飯塚が上級生になった新チームは、選抜出場を決めても小林監督が「結果と実力の伴っていないチーム」というくらい秀でた選手も少なかった。

選抜準V&夏の甲子園に出場した習志野にもいた「盛り上げ役」の存在

 下級生のメンバーも多く、3年生が率先して声をかけ垣根を無くして後輩がプレーしやすい環境を作ってきた。グラウンドでは2年生から「しっかりしてよー」というゲキも飛び、全員でチームを盛り上げてきた。

 この夏はその「盛り上げ役」が何度も試合をひっくり返してきた。

 夏の千葉大会準決勝、4連覇のかかる木更津総合戦。1点ビハインドで迎えた9回。2アウトとされ3年生が涙を流す中、打席で“なんで泣いているんですか?”と言っているかのように、2年生が笑顔でバッターボックスに立ち、同点に追いついた。

 甲子園の沖縄尚学との初戦も、9回1点ビハインド。そのベンチは全員が盛り上げ役に徹し声を出し続けていた。それこそが、1年かけて作り上げた諦めない習志野の姿だった。

 だからこそ「盛り上げ役」の重要さを知る飯塚は、コミュニケーションをとることを心がけチームに合流した。「個々の能力は高いけれど、2年半やってきたチームとは違う。短いチームで終わりは9月9日と決まっている。だからこそ自分が盛り上げ役となってチームを作っていきたいです」

 壮行試合でもベンチで声を出し、ブルペンでは先発の佐々木に声をかけ続けていた。4回からその機会を伺うようにブルペンに入ると、全力で投球練習を行った。

 そして8回、三塁側スタンドに高校ジャパンの応援に来ていた母校の吹奏楽部らの声援を背にマウンドへ。3万人に近いファンが熱狂する中、スタンドからは「飯塚!」と名前を呼ばれる声がはっきりと聞こえた。

 1点を失うものの、最速151キロの速球を武器に2回6奪三振でゲームセット。そこには佐々木にも奥川にも負けない存在感、輝きを放ち、クローザーとして「盛り上げ役」になった飯塚の姿があった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)