西武3連勝で鷹に2差、ロッテ同率3位、楽天は月間9度目延長…29日のパ・リーグは?

西武3連勝で鷹に2差、ロッテ同率3位、楽天は月間9度目延長…29日のパ・リーグは?

西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】

西武中村は4年ぶりに100打点到達、日ハムは杉浦が6回4失点で3連敗

 パ・リーグは29日、2試合が行われ、西武とロッテがそれぞれ勝利した。ロッテは楽天との直接対決に勝ち越し、同率3位に浮上した。

 西武は帯広での日本ハム戦に5-2で勝利。3連勝で、試合のなかった首位ソフトバンクと2ゲーム差に肉薄した。3回2死満塁から中村が4年ぶり100打点に到達する2点適時打を放ち先制。4回に山川の適時打で1点を加えると、5回に森が19号ソロ、8回には山川が38号ソロを放ち、リードを広げた。先発の本田は7回途中2失点で6勝目。日本ハムは3連敗。帯広出身の杉浦は6回8安打4失点で故郷凱旋勝利とはならず。打線も2点に抑え込まれた。

 ロッテは敵地・楽天戦で延長10回の熱戦を制して5-4で勝利し、連勝でカード勝ち越し。同率3位に浮上した。3点を追う6回に鈴木の2ランなどで同点に追いつくと、延長10回に井上がセンターへ勝ち越し弾。逆転勝ちで連勝した。楽天は8月9度目の延長戦突入となり、1956年9月の南海(8度)を超えて63年ぶりにパ・リーグ記録を更新。1962年5月に巨人が記録した月間9度の日本記録にも並んだが、最後は守護神・松井が決勝弾を浴び、連敗で負け越した。松井は今季7敗目となった。

→1 ソフトバンク 119試合64勝51敗4分 -
→2 西武 120試合64勝55敗1分 2.0
↑3 ロッテ 121試合59勝59敗3分 4.5
→3 楽天 120試合58勝58敗4分 0.0
→5 日本ハム 121試合56勝60敗5分 2.0
→6 オリックス 117試合53勝59敗5分 1.0(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)