【U-18W杯】両輪リリーフ飯塚&林がフル回転宣言! 「どんな場面でもいける」「引き出しある」

【U-18W杯】両輪リリーフ飯塚&林がフル回転宣言! 「どんな場面でもいける」「引き出しある」

公式練習に臨んだ侍ジャパンU-18代表の近江・林優樹(左)と習志野・飯塚脩人【写真:荒川祐史】

リリーフ陣の中心として期待される近江の左腕・林、習志野の右腕・飯塚

 30日から韓国・機張(きじゃん)で行われる「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)に参加する高校日本代表が29日、初戦のスペイン戦に向け公式練習を行った。佐々木、奥川は別メニュー調整ながらその他の選手は打撃練習、ノックなど最終調整を行った。

 習志野・飯塚脩人投手、近江・林優樹投手の両腕リリーフは共にブルペン入りし、全試合登板も辞さないフル回転を誓った。佐々木、奥川の2枚看板が出遅れることになったが投手陣には頼もしい左右の中継ぎ陣が万全の準備で本番に挑む。

 26日に行われた大学日本代表との壮行試合では林が7回1死三塁のピンチで登板し見事な火消し。飯塚も8回から2イニングを伸びのある直球で1安打1失点の好投を見せ存在感を見せつけた。

 この日、ブルペンで約20球を投げた林は「行けと言われればどんな場面で行ける準備はできています。投げたい思いも強いですしピンチの時ほどアドレナリンが出る」と胸を張った。外国人打者相手にも「どんどん振ってくると思うので緩急を使ったチェンジアップなど通用すると思う」と力を込めた。

 日本の守護神としても期待がかかる飯塚も「自分はそこまで長いイニングは投げないと思う。短いイニングでどんどん投げていければ。まずは真っすぐで、もし打たれることがあっても引き出しはもっているつもり。どこでも投げろと言われればいきます」と心強い。

 10日で9試合を戦う日程では投手陣の踏ん張りが必要不可欠。右の飯塚、左の林、日本が誇る左右の最強リリーフ陣が世界を相手にどのような投球を見せるか注目が集まる。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)