【U-18W杯】いよいよ開幕! 侍J主将の坂下が決意語る「自分たちの代で世界一」 

【U-18W杯】いよいよ開幕! 侍J主将の坂下が決意語る「自分たちの代で世界一」 

整列し挨拶をする主将の坂下翔馬(右)とU18ナイン【写真:荒川祐史】

奈良大会で5本塁打のパワーの持ち主、チームの精神的支柱に

 30日から韓国・機張(きじゃん)で行われる「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)が始まる。オープニングラウンド初戦となるスペイン戦を翌日に控えた高校日本代表は29日、午後6時頃から公式練習を行った。主将の坂下翔馬内野手は国内合宿中から大声を出してチームを牽引。20人のメンバーはまとまりを見せ、悲願の世界一への準備を整えた。

 午後8時すぎ。開催地・韓国の機張の日は沈み、高校日本代表が前日の練習を終えた。坂下が列の先頭に並び、グラウンドへ挨拶。いよいよ、大会が始まる。

「海外の大会では何が起こるかわからない。心の準備をしっかりとしておきたいと思います」

 坂下の心の準備は自分だけではない。広い視野でチームメートの心に語りかけた。

「最初は気を使っていたけど、日本から合宿でしゃべりにいったり、コミュニケーションが大事だと考えていた。普段の生活から会話を大事にしてきました」
 
 グラウンドでは常に声を出して、引っ張ってきた。永田監督からの信頼も厚い。坂下はチームを代表して、大会への決意を口にした。

「明日から始まりますが、初戦の入りが大事だと思っています。いい形で勝つことだけしっかり考えたい。自分たちの代で世界一を獲りたいと思います」

 163センチの小さな体から奈良大会で大会本塁打記録を更新する(5本)などパワーの持ち主。何度も大きな夢をつかんできた。初の世界一に向け、坂下の挑戦が始まる。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)