【U-18W杯】「やっちまった…」逆転の口火切った宮城、失意の底に落ちた“凡打”が内野安打に

【U-18W杯】「やっちまった…」逆転の口火切った宮城、失意の底に落ちた“凡打”が内野安打に

8回に逆転の口火となる内野安打を放った侍U-18代表の興南・宮城大弥【写真:荒川祐史】

2点ビハインドの8回に代打で内野安打、永田監督「流れを変えてくれた」

■日本 4-2 スペイン(30日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)。日本代表はスペイン代表と初戦を戦い、4-2と逆転勝利。永田裕治監督が「流れを変えてくれた」と称賛したのは8回1死から代打で遊撃内野安打を放った興南・宮城大弥投手。宮城の一打から、打線がようやくつながり4得点。ボテボテの当たりだったが懸命に走ったことが勝利につながった。

 バットに当たった瞬間、血の気が引いた。「やっちまった……変な打球を打っちゃた」。8回1死、9番・横山のところで代打に送られたが、スライダーをバットの先っぽに当ててしまった。思っていたところと全くポイントが違った。高くボールが弾んだのを確認して、全力で走った。セーフ……。ここから逆転劇が始まった。

 続く、森のところで代走が送られてベンチに戻ったが、坂下のセーフティーバントが捕手のミスを誘い、そこから韮澤、石川、遠藤のクリーンナップの3連打で4得点。投手ではなく、打者でW杯出場となった宮城は「緊張しましたが、勝ってうれしいです。バッター陣もボールが少し動いていると苦労していたので、どうにか対応するしかなかった。勝ててうれしいです」と振り返った。

 投手登録。そのため、試合の中では登板の準備もしなければいけない。7回に一度、8番の山瀬のところで代打で行くと告げられていた。しかし、打席に入る前にチェンジになった。8回の山瀬の打席には水上が入っていた。「自分はもう(代打が)ないと思っていたので、グラブをはめていました」と気持ちをピッチャーの方に切り替えつつあった。そこで巡ってきた代打の仕事。両方、準備をしていかないとならない。それが宮城に課された任務でもある。

「佐々木を投げさせたい」可能性をできるだけ長く

 投手としても、強い思いがある。国内合宿の時からキャッチボール相手だった佐々木朗希投手がキャッチボールを再開したとはいえ、まだ登板への見通しが立たない。「決勝ラウンドで投げてもらいたいという思いがあるので、僕たちができることは、勝っていくこと」と佐々木だけなく、奥川恭伸の2人に最高のシチュエーションを用意できるようにしたいという仲間への思いがある。

「厳しい戦いでしたけど、チーム一丸となって戦っていきたいと思います」

 打った瞬間、失意の底に落ちた“凡打”から切り開いた内野安打。薄氷を踏むようなこの勝利を教訓にして戦っていかなくてはならない。(楢崎豊 / Yutaka Narasaki)

関連記事(外部サイト)