【U-18W杯】侍J、ヒヤヒヤ発進 起死回生同点打の4番石川「どんどん振っていこうと」

【U-18W杯】侍J、ヒヤヒヤ発進 起死回生同点打の4番石川「どんどん振っていこうと」

8回に同点適時打を放った侍U-18代表の東邦・石川昂弥【写真:荒川祐史】

決勝打の遠藤は「この1本で勝たせてやろうと」と振り返る

■日本 4-2 スペイン(30日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)が30日、開幕した。侍ジャパン高校日本代表は初戦のスペイン戦に4-2逆転勝ち。世界ランキング26位の相手に7回まで2点のリードを許す苦しい展開だったが、8回に試合をひっくり返し、ヒヤヒヤの白星発進となった。

 2点をリードされたまま、迎えた8回の攻撃。漂う不穏な空気を、若き侍ジャパンが振り払った。1死から代打・宮城が内野安打で出塁すると、坂下はセーフティーバント。相手の悪送球も重なり2死一、二塁とチャンスを作ると、韮澤の中前適時打で1点を返す。さらに、4番・石川が三塁線を痛烈に破る左前適時打で同点に追いつくと、遠藤が中前2点適時打。3連打で試合をひっくり返した。

 冷や汗をかかされる展開となったが、終盤の起死回生の集中打で逆転勝ち。殊勲の同点打を放った石川は「なかなか打てずに、チャンスを作っても点が入らなかった。なんとか我慢強く戦って勝てて良かったです。前の打席で追い込まれていて積極性がなかった。チャンスだったのでどんどん振っていこうと思っていました」と振り返った。決勝打の遠藤は「初戦で負けられない戦いだったので、みんなが繋いでくれたチャンスだったので、この1本で勝たせてやろうと思って打ちました」と笑顔を浮かべていた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)