【U-18W杯】佐々木朗希、キャッチボール再開で手応え 「思ったより状態は良かった」

【U-18W杯】佐々木朗希、キャッチボール再開で手応え 「思ったより状態は良かった」

キャッチボールを再開した侍U-18代表の大船渡・佐々木朗希【写真:荒川祐史】

試合前にはブルペンに入りキャッチボールを再開

■日本 4-2 スペイン(30日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)が30日、開幕。侍ジャパン高校日本代表は初戦で世界ランキング26位のスペインに大苦戦したが、4-2で逆転勝ち。この日、キャッチボールを再開させた大船渡・佐々木朗希投手は「粘り強く戦えた」と逆転勝利を喜んだ。

 佐々木はこの日の試合前にブルペンに向かうと、右手中指にはテーピングをしたままネットスローで約10球、その後は捕手を立たせたまま軽めのキャッチボールを約10球行った。試合後には「思ったより状態は良かった。ホッとしている」と語り、順調に回復していることを明かした。

 今後については「また(首脳陣たちと)相談していく」と語り、次の段階は「(投球の)距離を伸ばしていくことになる」と口にした。

 劇的な逆転劇で初戦を勝利したチームには「序盤は先制され苦しい展開だったが粘り強く戦えた。最少失点でいっていたので、またチャンスが来ると思っていました」と白星スタートを喜んだ。(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)

関連記事(外部サイト)