【U-18W杯】スペイン指揮官は侍打線を称賛 「どう攻撃するか日本はよく分かっている」

【U-18W杯】スペイン指揮官は侍打線を称賛 「どう攻撃するか日本はよく分かっている」

侍U-18代表に2-4と善戦したU-18スペイン代表【写真:荒川祐史】

世界ランキング26位のスペインが4回に2点を先制、8回2死までリードし大健闘

■日本 4-2 スペイン(30日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)が30日、開幕。侍ジャパン高校日本代表は初戦でスペインと対戦し終盤の集中打で4-2で逆転勝ち。スペインのホセ・リエラ監督は「どういう攻撃をしていくか日本はよく分かっている」と賛辞を送った。

 世界ランキング26位のスペインがあと少しで大金星を逃した。4回に2死一、二塁のチャンスを作ると5番フェルナンデスが右越えに2点適時三塁打を放ち先制。8回まで2点リードする展開も2番手ヘルナンデスが4安打を集中され一挙4失点で逆転負けを喫した。

 終盤まで互角以上の戦いを見せたリエラ監督は「8回はツキがなかったが、いいチーム相手に最後まで戦えたことは誇りに思う」と手応えを口にした。終盤に集中打を見せた日本打線には「どういう攻撃をしていくか、日本はよく分かっている」と称えていた。(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)

関連記事(外部サイト)