【U-18W杯】終盤逆転勝ちも優勝候補が大苦戦 WBSC公式「スペインが日本をヒヤヒヤさせた」

【U-18W杯】終盤逆転勝ちも優勝候補が大苦戦 WBSC公式「スペインが日本をヒヤヒヤさせた」

初戦を4-2で勝利した侍ジャパンU-18代表【写真:荒川祐史】

2点を追う8回に4点ダッシュで逆転勝ち「チャンスを最大限に生かした」

■日本 4-2 スペイン(30日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)が30日、開幕。侍ジャパン高校日本代表は初戦でスペインと対戦し、終盤の集中打で4-2で逆転勝ちした。

 WBSC(世界野球ソフトボール連盟)は、「スペインが日本をヒヤヒヤさせた」とのタイトルでこの試合をリポート。7回まで日本打線を無失点に抑えたスペインのジャスティン・ルナ投手の好投を称えるとともに、8回の逆転劇には「(スペインの)1つの失策がポイントになった」と指摘。その直後の3連打で逆転したことに「日本が(チャンスを)最大限に生かした」と試合を評した。

 世界ランキング26位のスペインに大苦戦した日本だが、終盤に底力を見せて逆転勝利。初の世界一へ、大きな一歩を踏み出した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)