【U-18W杯】日本、第2戦は初回に2点先制! 満塁の絶好機で熊田が中前2点タイムリー

【U-18W杯】日本、第2戦は初回に2点先制! 満塁の絶好機で熊田が中前2点タイムリー

東邦・熊田任洋の中前2点タイムリーで日本が先制【写真:荒川祐史】

初回、南アフリカ先発から3つの四球を貰って満塁のチャンスを作る

■日本 – 南アフリカ(31日・機張)

 韓国・機張(きじゃん)で行われている「第29回 WBSC U-18ベースボールワールドカップ」(全試合テレビ朝日系列・BS朝日・AbemaTVで放送)は31日、大会2日目を迎え、侍ジャパン高校代表は南アフリカ代表と対戦。初回に熊田の2点タイムリーで先制に成功した。

 日本は初回、先頭の森が四球を選び二盗を決めると、その後は連続四球などで2死満塁のチャンスを作る。ここで熊田が初球の直球を捉え中前へ2点タイムリーを放ち先制に成功した。スペイン代表と戦った前日の初戦では8回までリードを奪われる苦戦を強いられたが、2戦目は幸先よく初回に先制点を奪った。

 日本の先発は練習試合で右肘に死球を受けた影響でここまで登板のなかった浅田がマウンドに上がる。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)