西武辻監督、V弾の森を大絶賛「天才」首位ホークスに1差「今日の1勝は大きい」

西武辻監督、V弾の森を大絶賛「天才」首位ホークスに1差「今日の1勝は大きい」

西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】

「打った瞬間だった。見事でした。ありがたいホームランだった」

■西武 4-2 ソフトバンク(30日・メットライフ)

 西武が30日のソフトバンク戦(メットライフ)で終盤に勝ち越し4連勝。同点で迎えた7回に森が左越え2ランを放ち、勝ち越しに成功した。3番手の平良が7回2死二、三塁のピンチで内川を2球で料理して窮地を脱し、プロ初勝利。敗れたソフトバンクは先発の千賀が7回に力尽きた。首位攻防戦の初戦で西武が初戦を制し、ついに首位・ソフトバンクと1ゲーム差に詰め寄った。

 辻監督は「嬉しいですね。どんな勝ちでも今日の1勝は大きい」と相手エース・千賀を打ち崩しての勝利を喜んだ。7回に飛び出した森の勝ち越し2ランについては「天才です」と短い言葉に最上級の敬意を込め、「打った瞬間だった。見事でした。ありがたいホームランだった」と賛辞を惜しまなかった。

 チームはこれで4連勝。最大8.5ゲーム差あった首位・ソフトバンクとの差を1ゲームにまで縮めた。指揮官は「(首位攻防カードの)初戦を取れたので、気分良く明日を迎えらえる。まだ先は長いので、毎試合を大事に、無駄にせずやっていく」と鷹の背中をはっきりと見据えていた。(安藤かなみ / Kanami Ando)

関連記事(外部サイト)