元西武助っ人が香港代表コーチに就任 強力助っ人の影に隠れて2年連続ファーム3冠王

元西武助っ人が香港代表コーチに就任 強力助っ人の影に隠れて2年連続ファーム3冠王

香港代表の客員打撃コーチに就任したコーリー・ポール氏(中央)【写真:香港棒球協会提供】

1999年、2000年と西武に在籍したコーリー・ポール氏

 元西武のコーリー・ポール氏が、香港代表の客員打撃コーチに就任した。先日、香港棒球協会が就任を発表した。

 ポール氏は現役時代、長打力を武器に世界5ヵ国でプレーした外野手。日本では1999年から西武に在籍し、初打席初本塁打を記録する鮮烈なデビューを飾った。

 初年度こそ途中入団ながら1軍で12本塁打と活躍したが、その後は出場機会に恵まれず。カブレラやマクレーンといった強力な助っ人がいたことで、2軍生活が続いたものの、2年連続イースタン・リーグ3冠王に輝いた。2001年のシーズンを最後に退団。3年間の1軍通算成績は106試合に出場して打率.251、16本塁打47打点だった。退団後は韓国やメキシコでもプレー。2011年には台湾のLamigoモンキーズでコーチを務め、指導者生活もスタートさせている。

 なぜ、今回、香港代表のコーチを引き受けることになったのか。香港棒球協会のニッキー・トゥ氏によると「台湾のスカウトがコーリーに香港代表の打撃コーチ募集の話を伝えたから」とのこと。契約を交わした後、ポール氏はさっそく選手達と対面し指導を開始。スイングや打撃フォームについて丁寧に教えている姿があった。

 ポール氏の契約は今年12月までの予定となっており、客員打撃コーチとしての初陣は10月に台湾で開催されるアジア選手権となる。この大会には侍ジャパン社会人代表も出場予定で、対戦の可能性もある。現在、香港は世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が発表しているランキングで28位(日本は1位)であり、さらなる発展が望まれる。今回、ポール氏の加入によって代表チームの打力向上はもちろん、彼の指導にも期待がかかる。(豊川遼 / Ryo Toyokawa)

関連記事(外部サイト)