【MLB】大谷翔平、自身ワーストの1試合4三振 6打数0安打と延長に入っても快音出ず

【MLB】大谷翔平、自身ワーストの1試合4三振 6打数0安打と延長に入っても快音出ず

大谷翔平ワーストの1戦4三振

【MLB】大谷翔平、自身ワーストの1試合4三振 6打数0安打と延長に入っても快音出ず

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

第1打席、第2打席で空振り三振に倒れると、第4打席と第6打席でも三振

エンゼルス – Rソックス(日本時間31日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は30日(日本時間31日)、本拠地でのレッドソックス戦に6試合連続で「3番・DH」でスタメン出場。だが、延長10回の第6打席でも空振り三振に倒れ、ここまで6打数0安打、自身メジャーワーストとなる4三振を喫した。

 この日先発のイオバルディの前に第1打席、第2打席と2打席連続で空振り三振に倒れた大谷。5回1死満塁の絶好機での第3打席も一ゴロに凡退し、7回の4打席目も空振り三振、9回の5打席目でも二ゴロ。それでも、味方が同点に追いつき延長に持ち込むと、延長10回に第6打席が回ってきたが、ヘルナンデスの前にバットは空を切った。

 メジャー移籍後、1試合4三振は自身ワースト。6打席に立ち、1度も出塁していないのも初めて。この日は打者としてメジャー200試合出場の節目の一戦となったが、ここまで快音は響かず。打率は.291まで下がっている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)